まとめ : 複数ファイルを一括処理する方法

対象の数が多くなくフォルダー単位でもない場合

ユーザーが対象ファイルを開いておき、それらを一括処理する方法がおすすめです。ExcelならWorkbooksコレクション、WordならDocumentsコレクションを使います。

この方法は、OneDriveやSharePoint上のファイルでも有効です。

フォルダー単位ですべてのファイルを対象にする場合

Do~Loop文でDir関数を使って、フォルダー内で該当する名前や拡張子のファイルを検出する方法です。ファイル名順に検出できる利点もあります。

フォルダー単位で条件に一致するファイルを対象にする場合

処理の過程で名前や拡張子以外のファイル情報を確認できるので、条件を設けて対象を絞り込みたい場合におすすめの方法です。外部オブジェクトのFileSystemObjectを使うので、Dir関数に比べるとコードは少し面倒です。

タイトルとURLをコピーしました