フィールドの作成、更新、変更

Wordのフィールド機能の取り扱いについて説明します。挿入したフィールドの指定内容を変更する方法や自動更新についても解説します。

フィールドは、別の場所にある情報や自動増減する値を埋め込む機能です。フィールドを使って埋め込める情報には多くの種類があります。例えばページ番号もフィールドの一種です。ページごとに数字を入力することなく、連番のページ番号を配置できます。

フィールドの基本的な操作

フィールドの挿入

フィールドの挿入方法には2通りがあります。

特定の挿入系メニューの実行
[挿入]タブの[ページ番号]や[参考資料]タブの[目次]などは、それぞれ特定のフィールドを挿入する機能になっています。

[挿入]タブの[クイックパーツ]-[フィールド]の実行
[フィールド]ダイアログボックスからフィールドの種類や各指定を選択して挿入します。メニュー化されていないものも含めてすべての種類のフィールドを扱えます。

フィールドの確認・変更

ダイアログボックスで操作する
挿入したフィールドを右クリックして[フィールドの編集]をクリックします。
[フィールド]ダイアログボックスが表示され、フィールド内容の確認や変更ができます。

文書上で操作する
フィールドを右クリックして[フィールドコードの表示/非表示]をクリックします。
フィールドコード(フィールドの中身)が文書上に表示されます。ここでコードを直接編集することもできます。

フィールドには「更新」が必要

挿入したフィールドを右クリックして[フィールドの更新]をクリックすると、フィールド結果のテキストに最新状態が反映されます。

Ctrl+ A キーを押して文書全体を選択してから実行すると、文書中の全フィールドを更新できます。

フィールド結果に最新情報を反映するには「更新」が必要です。Excelの数式のように即座に反映されるのではないので注意してください。
ただし、ページ番号など更新が不要なフィールドもあります。

誤編集を避けるためのおすすめ表示

フィールドの結果として表示されているテキストを直接編集すると、フィールドが壊れてしまったり、フィールドの更新時に元に戻ってしまったりします。こうした直接編集を避けるため、フィールドは網掛け表示にして判別しやすくできます。なお、この網掛けは表示上のものなので印刷されることはありません。

設定は[オプション]ダイアログボックスの[詳細設定]で行います。[構成内容の表示]-[フィールドの網掛け表示]で「表示する」または「選択時のみ表示する」を選択します。

すべてのフィールドコードを確認するには

情報を登録するタイプ(文書上に結果を表示しないタイプ)のフィールドは、選択できないため上記の方法では確認できません。こうしたフィールドを表示して編集できる状態にする方法を説明します。

隠し文字を表示する
[ホーム]タブの[編集記号の表示/非表示]で切り替えられます。索引登録フィールドなど隠し文字が設定されているフィールドが現れます。

すべてフィールドコードで表示する
[オプション]ダイアログボックスの[詳細設定]で、[構成内容の表示]-[値の代わりにフィールドコードを表示する]をチェックします。

隠れたフィールドコードは、編集作業の過程で不要になったり古くなったりしたものが残っている場合があります。不具合の原因にもなるため、最終チェックなどのタイミングで確認することをお勧めします。

印刷時にフィールドを自動更新する

フィールドの更新は基本的に手動操作ですが、印刷時に自動実行するように設定できます。

設定は、[オプション]ダイアログボックスの次の項目で行います。

[表示]の[印刷オプション] – [印刷前にフィールドを更新する]

[詳細設定]の[印刷] – [印刷するときに変更履歴を含むフィールドを更新する]

フィールドの種類や数によっては、更新に時間がかかったり[目次の更新]ダイアログボックスが表示されたりするので、煩わしく感じることもあります。フィールドの更新忘れを防止できるメリットもあるので、必要に応じて利用しましょう。

更新不要のフィールド/更新されないフィールド

更新が不要なフィールドは、ロックしたりテキストに置換したりできます。

ロックするには、フィールドを選択してCtrl+F11キーを押します。

ロックを解除するにはCtrl+Shift+F11キーを押します。ロック状態のフィールドは右クリックで表示される[フィールド更新]メニューがグレーアウトされます。

フィールドを解除してテキストに置換するには、フィールドを選択してCtrl+Shift+F9キーを押します。

Ctrl+ A  キーで文書全体を選択してから実行すると、文書中の全フィールドを対象に操作できます。

トラブル逆引き
フィールドが更新されない更新できない
フィールドがロックされています。フィールドを選択してCtrl+Shift+F11キーを押すとロックを解除できます。
タイトルとURLをコピーしました